鈍色望遠鏡

文芸サークル「鈍色望遠鏡」のブログです。ただいま改装中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

国会図書館でGO!

終わりの見えないレポートに文字通り終止符を打つために、永田町にある国立国会図書館の東京本館に行ってきました。

国立国会図書館の東京本館
ものすごくでっかいです。

今日行って初めて知ったのですが、国会図書館って、一般人は本の置いてある場所には入らせてもらえないんですね。
なんかよくわからないけど、ロビーにあるPC端末を使って読みたい本を指定して、専用の受付に本を取りに行くっていう手間をかけないといけませんでした。

書籍保護のために必要な処置なのでしょうが、天まで届くような本棚にズラッと本が並んでいるファンタジーな光景が広がっているのを期待していた者としては、ちょっとがっかりです。


まあ、そんなことは置いといて、レポート作成の資料として、本を三冊借りたので紹介します。
?花―假屋崎省吾の世界 (ムック)
?美術手帖2008年10月号 (雑誌) (琳派特集号)
?BRUTUS(ブルータス)2008年10/15号 (雑誌) (琳派特集号)

ムックとか雑誌とかって、普通の図書館じゃまず置いてないんですよね。



?は哲学のレポート用です。
師事している教授が文章を寄稿していたのでそれを目当てに借りました。
幻想の花園 谷川渥
結構長い評論だったので、「複写サービス」を利用してコピーを持って帰りました。
ムック自体はさらっと全体を流し読みするだけのつもりでしたが、タイトルにもなっている假屋崎省吾先生の生け花がすごく綺麗で、思わずじっくり読みこんじゃいました。
カラフルな生け花も良かったのですが、モノトーンで構成された生け花の色調の繊細さがたまらなかったです。


?・?は美術史のレポート用です。
琳派っていう江戸時代の日本画派閥の、鈴木其一っていういまいちマイナーな画家について調べようと思って借りました。

?は当たりで、読みやすい割に内容が深く、さらにはうまいことに解説者が「鈴木其一ってもっと評価されるべきだよね」ってなことをたくさん書いてくれていたので、ものすごく参考になりました。
琳派の主要人物たちの人生を漫画で表現したページなんかもあって、とっつきやすかったです。
個人的には、しりあがり寿先生が描いた「俵屋宗達」の漫画がツボに入りました。

逆に?は、記事の内容が教科書を開けば載ってるくらいのもので、さらには鈴木其一に対する言及は雑誌全体で二行程度しかない感じで、ちょっと残念でした。


なにはともあれ、国会図書館のおかげで、手に入れにくい本を閲覧できました。
これでレポートは何とかなりそうです。

初めて行った国会図書館は、若干イメージしていたのとは違うものでしたが、便利なことは間違いないので、また近いうちに趣味の読書でもしに行きたいと思います。
漫画も閲覧できるので、暇を持て余している人にはお勧めです。

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

学期末試験なんて嫌いだぜ―冬―

昨日が何の日だったかわかりますか?

このブログの開設一週間目の記念日です。
そして、私がブログを開設してから、初めて日記更新を忘れた日です。

「できるだけ毎日更新したいなあ」とか思ってたのに、一週間も持たずにこのザマだよ!
悔しいなあ。
書きたいことはいっぱいあるのに。


……まあ、あんまり気にしないでおきます。
後悔するよりは、反省して次に生かしたほうが良いですもんね。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。