鈍色望遠鏡

文芸サークル「鈍色望遠鏡」のブログです。ただいま改装中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

加速する世界

アクセル・ワールド〈1〉黒雪姫の帰還 (電撃文庫)アクセル・ワールド〈1〉黒雪姫の帰還 (電撃文庫)
(2009/02)
川原 礫

商品詳細を見る

小説:河原礫『アクセル・ワールド〈1〉黒雪姫の帰還』を読みました。

この小説は今年度の『電撃小説大賞』の大賞(第一位)作品なわけですが、大賞の名に恥じない素晴らしい出来の作品でした。

ライトノベルを読んで、そこに描かれる世界にここまで心を魅かれたのは、数年前に『電撃小説大賞』の銀賞(第三位)を受賞した(そしてその後『このライトノベルがすごい!』で第一位を獲得し、アニメ化し、アニメの続編までもが作られている)『狼と香辛料』を読んだ時以来です。
たぶんこの作品も、落とし穴にはまりさえしなければ『電撃文庫』の看板を背負って立つ作品になり得ると思います。

いやあ、凄かったです。

この作品はジャンル分けをするとすれば、「近未来SFバトルもの」だと思うのですが、その近未来で実用化されている「ネットワークシステム」の設定の巧みさには驚きました。
なんというか、「世界観」と「物語」が「ネットワークシステム」の存在を介して、完璧に適合している感じがするんです。

読みながら、「ものすごく丁寧に練り上げられたプロットを元に書いたんだろうな」っていう印象を受けました。(もっとも、この印象は、『電撃小説大賞』の大賞受賞作には共通しているものなのですが、やはりその中でもこの作品のプロットの完成度はすごいと思います)

三人称単視点で主人公の心情を表現する「文体」と「物語」との相性も抜群で、特にバトルシーンでは、「ハルユキ」の緊張感がこちらにも伝わってくるような臨場感が味わえて、ワクワクしました。

「デブでいじめられっ子」が主人公なあたりで、読むことを躊躇してしまう人が多そうですが、いじめ描写は苦にならない程度のものだと思いますし、「マイナスな状態」から主人公が成長していく物語なので、主人公の情けなさはそんなには鼻につかないと思います。(多少はイライラしたけど)
あと、「01」と表記されているように、続きものなので完結はしていませんが、一巻の時点では「ハッピーエンド」と言えるであろう終わり方をしているので、読後感も悪くないと思います。

いろんな意味で、続編の発売が楽しみな一冊です。

……ていうかむしろ、この世界観でいろんな話を書いてみたい!
なんだこの面白さは!
いいなあ、こんな世界と物語を書ける人は!
『川上 稔』氏の解説に、『いろいろと読み手の想像力を刺激するツール的な魅力を持った小説だと思います』という文章があったのですが、もっともな意見だと思いました。
あー、こんなオンラインゲームがしてみたいです。

あと、この小説のおかげで、『川上 稔』氏の小説も読みたくなりました。
(前に読んだ『終わりのクロニクル』が、少しばかり苦手な文体で書かれていたので、私は川上氏の作品はほとんど読んだことがありません。有名な作家さんなのに)


……ただ、まあ、褒めてばかりというのもどうかと思うので、個人的に「悪い意味で気になったところ」や「今後の展開の落とし穴になりそうなところ」について、簡単な分析をしながら見ていきたいと思います。

というわけで、以下、ネタバレ注意です。


続きを読む

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。