鈍色望遠鏡

文芸サークル「鈍色望遠鏡」のブログです。ただいま改装中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

戦乱の世界

ヴィンランド・サガ 7 (7) (アフタヌーンKC)ヴィンランド・サガ 7 (7) (アフタヌーンKC)
(2009/02/23)
幸村 誠

商品詳細を見る
ヒストリエ vol.5 (5) (アフタヌーンKC)ヒストリエ vol.5 (5) (アフタヌーンKC)
(2009/02/23)
岩明 均

商品詳細を見る


今日発売の『ヴィンランド・サガ』の七巻と『ヒストリエ』の五巻を読みました。

いやあ、この二冊が今日発売だって言うことに、ネットサーフィン中にたまたま気付いて慌てて買いに行ったんですよね。
普段、本を買うときは街に行く用事があるときまで我慢して、ポイントの付くお店で購入するようにしているのですが、今回はいてもたってもいられずに、近所の本屋さんですぐさま買ってきました。

どちらもすごく面白かったです。

『ヴィンランド・サガ』を描いているのは『プラネテス』で有名な幸村 誠氏。
『ヒストリエ』を描いているのは『寄生獣』で有名な岩明 均氏。
『ヴィンランド・サガ』も『ヒストリエ』も、共に近代兵器登場前の戦争を扱った物語なのですが、アプローチの方法が両者で全然違うところがそれぞれ良いです。

『ヴィンランド・サガ』は、11世紀北欧のヴァイキングたちの戦いを、少年剣士「トルフィン」(とその主人であり仇である「アシュラッド」)の活躍を軸に描くもの。
『ヒストリエ』は、紀元前のギリシャ人たちの戦いを、将来大国の書記官となる「エウメネス」の若かりし頃の活躍を軸に描くもの。

ただ、この二つの物語、扱う時代や場所・人物などは違いますが、それぞれの物語の主人公が自らが戦火に身を置くものでありながらも、どちらも「戦いを好む人々」を嫌悪しているところなんかは興味深いと思いました。
これは、「戦争(自分)の正しさ」を妄信する人物よりも、穿った見方をする人物を主人公にした方が、戦争を多角的に捉えられるという事情からかな、と思いました。

これらの物語を読んでいると、昔の人々と今の人々との価値観の違いを思い知らされます。
特に、人の命の扱いの軽さには驚きを感じます。
まあ、奴隷制度なんてものも最近まで残ってましたしね……(ある意味では今も残っているし)
いろいろと考えさせられる部分も多い漫画たちです。

『ヴィンランド・サガ』も『ヒストリエ』も、どちらもこれらの巻でやっと「主人公が成り上がるための道程」が見えてきたような感じですので、今後の展開がますます楽しみです。

あー、最近の読書傾向を分析して気付いたのですが、私はなんか、「ちっぽけな力しか持たない主人公が努力や知略によって自らを成長させて、成り上がっていく話」っていうのが好物みたいです。
特に、敵が強大であればあるほど燃えますね。
そんな物語を扱った本を知っている方がいたら、教えて頂けると嬉しいです。

漫画でも小説でもノンフィクションでも、割となんでもいけますから。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。