鈍色望遠鏡

文芸サークル「鈍色望遠鏡」のブログです。ただいま改装中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

カラマーゾフの兄弟

ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』を読み終えたので雑感を。


死を間近に控えた登場人物数名が語る、「全ての人間の罪を私は背負っているのだ」という言葉が気に入りました。

キリストへと罪を押し付け続けていては、おそらく人間は停滞してしまう。
聖者といえども、その肉体はわれわれと同じように「腐る」。
奇跡とは偶然であり、望んだ者に軽々しく与えられるべきものではない。
我々は、自己のうちにキリストを、聖者を、奇跡を見出せるものである。だから人間は「全ての人間の罪は背負う」ことができるし、そうであるべきなのだ。だからこそ人間は尊い。

というような思想がこの言葉に集約されているのでしょう。


また、「大審問官」の章において、キリストに奇跡を求める大審問官に対して、キリストが無言を貫き、口付けのみをするところも印象的です。

「汝の敵を愛せよ」
奇跡を求めずにはいられない立場の大審問官を、反論によってではなく祝福によって諭したキリストは、まさに神の愛の体現者です。

これこそは、他の宗教を排斥し、同じ神を信じる仲間に対しても教義や立場の違いによって反発し続けてきた歴史上のキリスト教とは一線を画した理想的な姿でしょう。



物語としては、「ロシアの上・中流階級の人々の群像劇」という感じです。
中核となるのは、カラマーゾフ家の三人兄弟とその父親、それから彼らの恋人たち。
この小説は二部構成の小説の第一部(二部は未完の遺作)とのこともあって、やや伏線を投げっぱなしにしている感もありますが、事件の終結やそれによる人々の変化・成長が描き出されている点で、物語としての完成度もかなり高いと考えられます。
少なくとも、読後に不満が残ったりはしませんでした。



この小説は、良質な小説であると同時に、壮大な思想書でもあるのでしょう。
だからこそ、『東大の教授が新入生に薦める本No.1』なんて紹介がされるのだと納得しました。(個人的には、この紹介を見ると権威主義への反発心が起こるのであんまり好きではありませんが)
多くの人に読んでもらいたい名著です。



余談ですが、個人的に大好きな小説家(兼ニート)の「杉井光」氏の作品の根底には、ドストエフスキーの思想が流れているように感じます。
特に『神様のメモ帳』シリーズには。
興味のある人は是非読んでみてください。
ニートが可愛い青春探偵物語です。


…とかいってたら、「神様のメモ帳」の四巻の発売が決定してた!
7月10日(金)か!
絶対発売日に買うわ!

スポンサーサイト

PageTop

とある友人が、
「君は恋愛と勉強を混同しているだろう」
ってことを教授に指摘されて、大笑いするくらいに納得したという話を聞きました。

それで気付いたんですが、どうやら私もその友人と似たようなもので、「恋愛感情」と「才能への憧れ」を混同している節があることに気がつきました。

だから息苦しいんだ。


もう少し自分の感情を割り切って、気軽に生きてみようと思います。

PageTop

東方崇敬祭参加レポート

6/21(日)に行われた第一回「東方崇敬祭」東方Projectオンリー同人誌即売会)に行ってきました。

午前中に用事があったので、午後からの参加です。

私はオンリーイベントに参加するのは初めてなのでよくわからないのですが、オンリーにしては人がいっぱい集まった、大盛況のイベントだったらしいです。
東方ってやっぱすごい。

即売会は、大田区区民プラザpioの一階で行われ、二階は休憩室になっていました。
休憩室に参加されていたサークルさん達の見本誌が置いてあり、自由に読めたのが嬉しかったです。
作者さんが見ている前で同人誌を手に取るのってけっこう勇気がいることなので、気軽に内容を確かめられる場所があるのは嬉しかったです。
まったりしてました。

で、見本誌なんかを見て、気に行った漫画を買ってきました。
サークル「まにまに。」、「綾杉椿」さんの『メイド長は私です。』
サークル「W.label」、「和錆」さんの『りんちぇん!』
サークル「茜屋ぐーたら店」、「茜屋」さんの『ツキに至るヤマイ+』
サークル「東方そーりょ」、「しいたけ」さんの『東方そーりょ×もこたん』
の四冊です。
(写真は綺麗にとれないので割愛します)
上三冊は、「漫画としてうまいなあ」って思ったから勉強もかねて購入。
最後の一冊は、しいたけさんのノリがドラクエそーりょのころから好きだったから購入。相変わらず良いです。ありえん。
良い買い物をしました。


で、ここからがオンリーイベントのすごいところ。
アフターイベントの始まりです。

同人誌即売会の後に、参加サークルさんや絵心のある一般参加の方々が指揮しなんかを描いて運営側に提供して、それをじゃんけんで奪い合うという「じゃんけん大会」が開催されていたので参加してみました。
参加人数はおそらく1,000人近く。

じゃんけんの司会をやっている方はすごく元気の良い方でした。
この人のおかげで、私は「じゃんけんは心理戦なんだ」ってことに気付けました。
手際の良さが半端じゃなかったです。
自分でいろいろイベントとかを組み立てる時の参考にしたいと思いました。

じゃんけん大会の景品は、公式の発表では、「思ったよりも多くて、250品くらい集まっちゃいました!」みたいなことを言っていたのですが、なんか終わってみれば350く品らいはあったような気がします。

特に驚いたのが、「P.S.D.(ぱんつすぱっつどろわーず)」っていうサークルさんが、20枚を超える枚数の色紙(しかもほとんどがカラー)を提供していたことで、サークル名も含めてネタに走りすぎだなって思いました。そういう人大好きです。同人誌が読んでみたい。
カタログを持っていたら、サークル名からこの方のHPを探し出せたんですけど、売り切れで買えなかったんですよね……
残念。

で、じゃんけん大会はものすごい勢いで進められ、ついに最後の景品に。
最後はなんと、サークル「ダイオキシン」、「大沖」さんの描いたチルノの色紙!
すげえ!
……いや、なにがすごいって、大沖さん今回のイベントはサークル参加してないんですよね。
一般参加で捕まって、描かされたらしいです。

最後の最後で思わぬ伏兵が飛び出したことにより、会場のボルテージも上がりに上がり、最後のじゃんけんには命をかけんと言わんばかりの人たちが残っていました。

司会の人は、最後になって、「パー→パー→パー→パー→パー→パー→」と、まさかの6回連続パーを出しての人数のふるい落とし。
四回連続パーのあたりで人数が10人くらいに絞られ、その後はほとんど変動がなく、ついに来たる7回目、司会の人が出した手は「チョキ」。
このとき、連続パーにつられずに、「グー」を出すことのできた人間は一人だけでした。

その一人とは……

ふふふ……

大沖さんの色紙

私の隣で諏訪大社のお守りを握りしめながらじゃんけんをしていた男性でした!

……私は一回目で「グー」を出して早々に敗退しましたよ!

隣の男の人はすごい喜びようで、飛んだり跳ねたりしながら色紙を受け取りに行っていました。
写真は、男性が床に置いて周りの人たちに見せてくれていたので、便乗して撮らせてもらいました。

この男性に、「おめでとうございます。じゃんけん中の心理の読みあいがすごかったですねー」って話しかけてみたら、
「前に参加したイベントでは、決勝で敗退してしまったので、今回はお守りを持って気合いを入れて挑んだんですよ!」
って、ガッツポーズで返されました。
気合いの入った人が手に入れられたようで良かったなあと思ったり。
この男性は崇敬祭のスタッフの方に写真を撮られたりもしていたので、公式の方でもなんらかの発表があるかもしれません。

そんな感じで、イベントは熱狂のままに終わりました。
このアフターイベント、実は3時間にもわたって開催されていたので、即売会に1時間しか参加できなかった私にとっては「どっちがメインだったんだ?」ってくらいの気合いの入ったイベントに感じられました。
オンリーならではのお楽しみ会、機会があればまた参加してみたいです。


…ん、そんなに長い時間粘ったのに、お前はなにも手に入れられなかったのかって?

ふふふ……実は、ひとつだけじゃんけんに勝ち残って手に入れた景品があるんですよ!

発表します!

じゃーん!

いなご

信州珍味「いなごの大和煮」です!


……え? なんで同人イベントでいなごの大和煮が景品になっているのかって?

信州で行われる東方風神録オンリーイベント「御射宮司祭」の宣伝に来ていた運営の人が、お土産に買ってきてたからだよ!
(ちなみに、お土産には他にも、諏訪大社のお守りとか御神酒とかがありました)

……初めて参加したじゃんけん大会で、ひとつでも景品がもらえるなんてすごいことだと思うんだけど、一人じゃ怖くてまだフタを開けられてません。

だれか、一緒に開けてください。


そんな感じのイベントでした。

……余談ですが、私はこの日一日、イベントには一人で参加していました。
買い物中もアフターイベント中もずっと一人。

……用事があって行ったんだけど、誰かを誘えば良かったなあとかなり後悔しています。

PageTop

波瀾万丈の日

昨日は波乱万丈な日でした。

普段だったら、個別に記事を4つ作るくらいの出来事が連続して起こったのですが、あえてまとめて書きます。
時系列順です。



まずは、初めてプロット研究会の集会を行いました。

自分からみんなに声をかけたというのに、寝坊により遅刻するというクソっぷりを発揮。
でも、他の人も全員遅刻していたので実害はありませんでした。
すごいよね。
この事件のおかげで、プロット研究会の活動時間は、次回から土曜日の午前11時からになりました。

でも、みんな遅刻した割に出席率が8割近く行ってて、びっくりしつつも嬉しかったです。
「用事があるから休む」って言ってた人も、来てくれたことには感動しました。
ありがとね!

活動内容もすごく有意義でした。
昨年の、「研究会」として活動する前は、プロットを作ってきてもらって、それをみんなで批評するっていう方法を取っていたのですが、今回はその場でみんなに即興でプロットを作ってもらったり、研究会の今後について話し合ったり、ダラダラしながらお菓子を食べたり(笑)と、活動内容に幅を出すことができました。
次回以降は、映画をみんなで見てプロットを分析するとか、構造論についての発表を持ち回りでやってもらうとかの活動もやってみたいと思います。



次に、アニメーション研究会での制作反省会がありました。

みんなけっこう和気あいあいと話してる割に、反省内容に関する重要な指摘はちゃんとしていて、すごいと思いました。
本当に良い仲間を持ったのだと感じました。

私はバイトを始めた関係で、ほとんど制作に関われなかったのですが、次回はもっと頑張りたいです。

あと、次回以降の制作をより良いものにするための提案として、
1.制作管理方法の改革
2.話し合いの場の充実化
3.機材の購入
なんかを提案したのですが、授業の関係で反省会を途中で向けてしまったので、ちゃんと議論できなかったのが悔しいです。



次からは嫌な話。
携帯電話が壊れました。

反省会の最中に、別キャンパスでの授業に間に合うための電車を探していたら、突然携帯の電源が切れて、そのまま動かなくなってしまいました。
今は、壊れた敬愛を修理に出して、代替品を使っています。
壊れた携帯の中に、最近仲良くなった人のメールアドレス(15人くらい)とか小説のアイデアとかがバックアップなしに入っていたので、そのデータが消えてしまう事にションボリ。
勘弁してほしいです。



最後。
自転車で転びました。

前輪がパンクした状態で、寝不足の頭のまま自転車に乗っていたら、結構スピードがついた状態で転んでしまいました。
アスファルトの上で一回転。
死ぬかと思ったけど、昔柔道をやっていたおかげで受け身を綺麗にとれたので、あんまり怪我をせずにすみました。

それでも、口の中と腕を一箇所ずつ切った上に、両足に打撲を負いました。

歩くのも辛かったので親を呼んで自転車ごと運んでもらいました。
はじめからそうしとけばよかったのに。
いまだに足は痛みます。
ぱねえ。



昨日はこんな感じの一日でした。
とりあえず、パンクした自転車に乗るとか馬鹿な真似はしちゃダメですね。
ありえん。

PageTop

知り合い向けの告知

私が中心となって結成した創作理論研究サークル『國學院大學プロット研究会』の活動日時・場所と結成記念パーティーの開催が決定したのでお知らせします。

活動日時は、毎週土曜日の午前10時?14時程度、
活動場所は(前期授業期間中は)國學院大學たまプラーザキャンパス、若木21四階ラウンジです。

初回の活動は6/20(土)午前10時?となっています。
この日は活動内容の説明も行う予定ですので、興味のある方はご参加ください。
連絡は、あったほうが嬉しいですが、なくても大丈夫です。


また、結成記念パーティーは、6月末あたりに、渋谷の中華料理店にて行います。
予算は3,000?4,000円程度を考えています。
顧問の谷川渥教授にも参加していただけるので、哲学・美学に興味のある方はこの機会にお話を伺ってみるのも有意義でしょう。
興味のある方には、日程や予算などの詳細が決まり次第お伝えしますので、まずはご連絡ください。

「話だけ聞いてみたい」という方もお気軽に。
ご意見・ご質問等もいつでもどうぞ。

PageTop

アニメーション研究会連盟合同上映会→けんれん!

冷静に考えてみたら、ここ数ヶ月、2週間に一回くらい徹夜していることに気がつきました(挨拶)

誰か安眠できる方法方法を教えてください(挨拶)

この『(挨拶)』ってやつ、一昔前に妙に流行してたけど、実は全然あいさつになんかなってないですよね(挨拶)


……さて、それは置いといて。

アニメーション研究会連盟合同上映会(けんれん!)に行ってきました。

正式名称は違うかもしれないけど、あんまり気にしないでください。

私が所属しているサークルで制作した作品も流されたわけですが、最近はバイトを始めたせいであんまり制作に関われなかったのが悔しかったです。

あと、司会をやってた友人2人(+1人)がすごく活き活きしていて羨ましかったです。
次回は私も司会に立候補したいなあ。
……あ、今度から司会は戦隊物よろしく5人でやることにしたらどうでしょうか。駄目か。

あとは、
・東大さんは頭が良いけどバカ(誉め言葉)
・てまひまをかければ面白い作品が出来上がるとは限らない
・文字ネタも、使い方によってはアリな気がする
・一発ネタで気軽に作品の作れる環境や風潮を作りたい
・悪ノリでもいいから、何かを作れば誰かが楽しんでくれる
・どんなに良い作品を作っても、嘲笑する人間は必ずいるのだから気にしない
・雰囲気、特色作りって大事
とかそんなようなことを感じました。
なんとなくでもし共感てもらえたら嬉しいです。

なかでも、東大さんのバカさ加減は素敵すぎるので、個人的に連絡をとってみたいと思います。
会って話ができたらいいなあ。

PageTop

思いの丈を書き綴る

突然ですが僕は、『ロリババア』が大好きなんですよね。

え? 気でも狂ったかって?

そーんなわけないじゃないですか。
真面目な話なのでちょっと聞いてくださいよ。

「ロリババアとは何か」


「ロリババアとは、なぜかくも愛すべき存在なのか」

「ロリババアの幻想性」

「永遠なる少女性と老獪さとの両立」

PageTop

東方×クトゥルフ×神話論

東方プロジェクトとクトゥルフ神話はよく似ている、というのが今回の評論のテーマです。

・どちらもある意味では、ニーチェ以後の「神無き時代」に生まれた、フィクションであることが前提の神話(のような作り話)であること。
・過去から存在する同分野の意匠を、自身の作った神話の中に取り込んでいること。(クトゥルフにおいてはグールや半魚人など、東方においては妖怪や妖精など)
・個別の作品そのものよりも、そこに登場するキャラクターの方が有名かつ愛されていること。
・どちらの作品のキャラクターも、完全に固定化された外見や内面性はもっておらず、ある程度、読者によってファジー(曖昧)に解釈されること。
・作者以外の人物により、偽典的な物語が作られていること。

など、構造的な面での類似点を多く感じました。

「東方の人気は一過性のブームだから、数年内に人気は無くなる」
なんて説が語られることがあるけど、こうして見てみると、
「東方とは、ブームによって人気の左右されるたんなる物語ではなく、人の心の奥底に根差した『神話』の一種であり、クトゥルフ神話のように、時代を越えて愛され得るのではないか?」
とも思えてくるんです。


まあ、ようするに何が言いたいかといえば、
「東方は不滅」
ってことです。


あー、クトゥルフ神話と他神話との比較もしてみたいなあ……

PageTop

だまし絵展開催記念特別講演会

渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで昨日から特別開催されている『奇想の王国 だまし絵展』の開催記念特別講演会をお手伝いしてきました。

すごく面白かったです!

講演会自体の出来もさることながら、その後のパーティーや二次会などで、普段なかなか交流できない他学科の先輩たちや、学芸員の方々とお話できたのがものすごく嬉しかったです。

「企業秘密」とのことで、詳しくは教えてもらえませんでしたが、芸術を売ることの苦労や楽しさを学芸員さんの言葉の端々から感じました。

カタログっていうのは重要なんだろうな、とか。

自分で何かを企画するときの参考にしたいと思います。

あとは、語学勉強の極意を聞きました。
「金をかけてやる気を引き出せ、あとは教科書を信じて完璧にカリキュラムをこなしてみろ、まずはそれからだ」
とのことです。
教科書丸暗記、っていうのもすごく良いらしいです。


で、二次会のあと、終電を逃してしまった友人に付き合って徹夜カラオケをすることに。
野郎二人で大熱唱。
友人は洋楽、私はアニソン中心のレパートリー持ちだったので、どうなるかなあと思いましたが、お互いに知らない曲を聴きあって楽しめました。
予想外だったのが、途中で眠るつもりでいたのに、気がついたら朝まで歌い続けてしまったこと。
楽しかったですが、疲労感もハンパないです。

今日はサークルのイベントがある日だけど、大丈夫かな……
とりあえず家に帰ってシャワーを浴びたら、またすぐに出かけないといけなそうです。

仮眠でも取ろうものなら、たぶん今日はそのままもう起きられません。

PageTop

澁澤龍彦【ポルノグラフィーをめぐる断章】より

澁澤龍彦『少女コレクション序説』(中公文庫)中に収められた【ポルノグラフィーをめぐる断章】という評論に、クロンハウゼンなる人物が列挙したらしい「ポルノグラフィーの特徴を示す十一項目のリスト」が掲載されていました。

その内容が現代にも通用するものだと感じたので、自分の意見をつけたして、ここにメモを残しておきます。

以下、ポルノグラフィーが嫌いな人や、私の家族は読まないでください。

……いいな、読むなよ!
絶対読んじゃだめなんだからな!
PageTop

涼宮ハルヒの終焉

最近いい加減な日記ばかり書いていたら、文学マニア(本人は気違いを名乗ってる)の先輩から、
「文学のことも書けよバカヤロー!」
って罵倒されました。

仕方がないので、
「じゃあ、カラマーゾフの兄弟を読んだので、その感想でも書きますよ」
と言ってその場は逃れたのですが、実はまだ下巻を読み終わっていないうちに図書館の貸し出し期限が切れて返してしまったので、あと一週間くらいはちゃんとした感想を書けそうにないです。


というわけで、今回は別のことを書きますよ。

ただいま絶賛「あらためて」放送中のアニメ、『涼宮ハルヒの憂鬱』……の原作小説、「涼宮ハルヒ」シリーズに関する評論というか考察というかまあそんなものです。

論文仕立てに書きあげるのは面倒くさいので、若干箇条書きっぽくなります。

――さて、涼宮ハルヒシリーズといえば、おそらくみなさんご存知の通り、美少女「涼宮ハルヒ」を中心にして巻き起こる様々な騒動を、高校生の少年「キョン」の視点と口調で描き出している大人気シリーズ(詳しいあらすじは書くのが面倒なのでググッてください)。
そして現在、シリーズ最新作の『涼宮ハルヒの分裂』が発売してからおおよそ二年が経過し、「このまま続編が発売されないんじゃないか……」なんて心配をされている作品なわけです。

そんな「完結するかどうかわからない」涼宮ハルヒシリーズにおける物語のエンディング(つまりは『終焉』)がどうなるのかを構造論的に予測してみようというのが今回のテーマです。


以下、アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』及び、小説『涼宮ハルヒの憂鬱』、『涼宮ハルヒの消失』、『涼宮ハルヒの分裂』に関するネタバレがありますのでご注意ください。


PageTop

買いすぎ

20090611193638
1日に稼ぐバイト代の1/10を、夜食の購入にあててしまっている今日この頃(パンは翌日のお昼ごはん)。

……どう考えても買いすぎですね。


あ、でも、こんだけ食べてても、実はバイトを始める前より体重が数キロ落ちてたりします。

頭を使うのって、結構カロリーを消費するのだなあと実感しました。


目指すぜスレンダー!

PageTop

体調不良がとまらない

カゼひいた。
ありえん。

……昨日は一日中、妙にお腹がすくなあと思っていたら、体調不良の前兆だったようです。
セキとかはでないけど、体が異常にだるいです。

今日は大学もバイトもある日なんですよね……
なんとかして早退させてもらおうと思います。

そして寝ます。
最近、生活リズムを崩して、夜中充分に眠れていなかったので……

PageTop

やりたいことをやる力、あるいは決意表明

遊びの企画を立てるとき、
「来る気のある奴は来る気の無い奴は来ないんだから、大雑把でいいんだよ」
って、サークルの先輩に言われました。

いろいろやりたいことがあって、人に声をかけることになったとき、
「やる気のある人は利害なんか気にせずに行動できちゃうものだから、声をかけるときは『一緒に仕事がしたい』ってことだけを伝えればいいんだよ」
って、職場の先輩に言われました。


最近、上に書いたこのふたつのことを意識する機会が増えてます。

私はわりと「人のため」を考えて行動することの多い人間なのですが、結局のところ、私にできるのは、『やる気はあるけど何から取りかかればいいのかわからない人』に対しての「きっかけ作り」と「最後の一押し」だけで、『やる気のない人』なんかを頑張らせるほどの力とかカリスマとかはないんだなあって感じました。

あんまりしつこく言っても相手にとってはありがた迷惑でしょうし。


あとなんというかまあ、漫画『働きマン』を読んでいたら、もっと自分本位にやりたいことをやって、興味のある人にはついてきてもらうようにしたほうが自分のためにも相手のためにもいいのかな、って思いました。



というわけで、発表です。

・『プロット研究会』の設立が大学に認められました。
・近く、東方プロジェクトの二次創作漫画同人誌(合同誌)を作ります。

これらが今のところ、私が個人的にやりたいことです。
どちらも参加者を募っているので、興味のある方はご連絡ください。

たぶん、こっちからいろんな人に声をかけたりもするとは思いますが、あんまりしつこくは誘わないようにします。
だから、興味のない人は適当にあしらってやってください。


人になんと言われようとも、私は自分のやりたいことをやりたいようにやります。
もちろん、ご意見を頂ければその内容は考慮しますし、考えを改めることもあると思うので、なんでも言ってください。
喧嘩もできない間柄なんて、少なくとも友達とは呼べませんし。


ただ、私は、他人に遠慮して縮こまっているだけの生き方を、そろそろ変えたいと思うのです。

自分が失敗したことを、他人のせいにしてしまえるような生き方を、したくはないのです。

PageTop

最近思ったこと

私だけ一日が36時間にならないかなあ。

やりたいこととやらなきゃいけないこと、どっちもあんまりできてません。


あと、このまえ職場で報告書みたいなものを書いたとき先輩に、
「最後の総括部分で、なんのまとめにもならないあたりさわりのないグダグダなことしか書いてないあたり、悪い意味でキミらしいね」
って言われました。

なにひとつ反論できねえ!


やっぱり、人間逃げに走っちゃ駄目だなあとか、人を楽しませる文章を書けるようになりたいなあとか思いました。


でも、この日記からしてグダグダなことしか書いてない。

……なんてこったい!

PageTop

#

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。