鈍色望遠鏡

文芸サークル「鈍色望遠鏡」のブログです。ただいま改装中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

制服ファッション

制服ファッションって、ようするにコスプレだよなあって思ったり。

テレビで、日本の制服風のアレンジをした服を着るのが世界的に流行しているらしいよーっていう特集をやっていました。

なんでも発信地は渋谷だとか。
……大学のある場所じゃないか。


まあ、それはともかく特集を見ていて思ったのですが、この制服ファッションってやつには、「なりきり」要素が多く含まれているのですよね。
ファッションとしての全体の調和よりも、「中高生がつけていそうなアイテム」を身につけることを優先していたりして。

で。
そう言うと、「コスプレってものは、そんなに世の中に浸透したのか……」と驚く人もいるんじゃないかと思うのですが、実は、コスプレっていうのはいろんなファッションの起源となっているんですよね。

例えば、ジーンズが世界的に普及したのは、1995年の映画『理由なき反抗』(原題:Rebel Without a Cause)で主演のジェームズ・ディーンが履いていたのがきっかけらしいですし(日本の場合はもっと前から普及していましたが)。

あとは、『子供服』が生まれたのは、「コスプレ願望」によるものらしいですし。(昔は子供向けの服といえば、大人の服をデザインそのままに小さく作ったものばかりで、『子供服』と呼べるものが生まれたのは、ヴィクトリア朝後期。絵本のキャラクターが着ていた服を真似して作られたのが始まり。「ワンピース」も、ケイト・グリーナーという作家が絵本に描いたことで生まれたとか)

この『子供服』に関しては、アリスの服が着たい―ヴィクトリア朝児童文学と子供服の誕生っていう本に詳しく描かれているそうです。
残念ながら、私はまだ読んだことありませんが。
そのうちに読んで、ブログにも感想を書こうと思います。


まあ、つまるところ今回の雑記の結論は、
・「制服ファッション」はコスプレ。
・でも、コスプレっていうのはそんなに特殊なことでもない。
・ていうか、せんじつめればファッションなんてものはみんなコスプレ
・だからさ、みんな自由にコスプレすればいいんじゃない?
って感じです。

……三段論法に見せかけて、全然そんなことはないんだぜ!


まあ、今日はこんな感じのことを考えました。
我ながら雑すぎる論理展開と結論ですが、自分では結構気に入った論旨なので、そのうちにきちんと資料集めと考察をして、適当な授業のレポートとして提出してみようと思います。

こういうこと考えるのって楽しいです。



あと、テレビの特集の中で、アジアのどこかの国(忘れました)の、「日本の制服を参考に作られた」制服っていうのが紹介されてました。

ギャルゲーに出てきそうなデザインでした。

詳しい説明を聞くと、日本は日本でも、日本の「アニメ」を参考に作った制服だそうで、すごい特殊な色合いと縫製で作られていました。
いや、確かに可愛かったですが、これこそどう見てもコスプレだよなあと、英断だなあと思いました。

でも、
「制服のデザインを変更したら、入学志願者が8倍に増えた」
とか言ってました。
世の中ってすごいです。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

私もそういう番組見ました。
日本の制服って、外国の人にとってはとっても魅力的なんだそうですが、成人したひとが買ってるのには驚きましたね。

今原宿で流行っているファッション(パンロリやゴスロリの類)なんかも完璧にコスプレですよね。
今でもジャンルが増えているんだそうで。凄いなぁ。

制服で学校を決めるって、日本だけじゃなかったんですねー。
割と女子生徒は、学校の制服がかわいいからっていう理由で受験する場合が多いらしいですが。

ギャルゲーっぽ制服といえば、以前渋谷だかどこかで白いブラウスに赤いリボン、ベージュのベストに赤チェックのスカートなんていうアニメカラーな制服を見かけました。まりほり的な。
都心部の学校って、結構デザインが凝ってるものが多かったりしますよね。いいなぁ。


長々とすみません。
コメント解放されたのでコメントしてみました。
言い逃げ失礼します!

さかな | URL | 2009-05-31(Sun)10:36 [編集]


No title

あ、わーい、さかなさんだ。
コメントありがとうございます。

今日?はなんかイベント行かれたんですよね。
大丈夫でしたか?


制服関連の特集、記事に書いた以外に私も2・3回見ました。
驚きですよね。

パンロリ・ゴスロリとかもやっぱりコスプレですよね。
たぶん違うのは、コスの見本になっているのが実在の人物かキャラクターかとか、オリジナリティを出そうとするか見本を忠実に再現しようとするかの違いくらいなもので。

へー、制服で学校を決める人って多いんですか。
私なんか偏差値と通学時間と部活しか見ないで決めてましたよ……
でも、女の子の制服って、確かに学校によっていろいろデザインに差があるみたいだし、そういう視点で学校選びをするのも楽しそうですね。
似たようなセンスの人たちと仲良くなれそうですし。

それなんて学校!?(笑)
いいなー、見てみたいなー。
ギャルゲーとかに出てくる服って、なかなか実際に人が着るのは難しいデザインのものも多いと思うので(縫製の難しさとかシルエットとか動きやすさとか)、そういう感性を残しつつ機能的にデザインされた服っていうのには憧れます。
……まあ、それらの学校は、べつにギャルゲーを参考に制服デザインを行ったわけじゃないのでしょうけど(笑)。

それでは改めて、コメントありがとうございました!
すごく嬉しかったですよー。
機会があればまた何か言ってやってくださいね!

上代夕貴 | URL | 2009-05-31(Sun)20:09 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。