鈍色望遠鏡

文芸サークル「鈍色望遠鏡」のブログです。ただいま改装中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

覗いてはならない異界

魍魎の匣―文庫版 (講談社文庫)魍魎の匣―文庫版 (講談社文庫)
(1999/09)
京極 夏彦

商品詳細を見る

小説『魍魎の匣』を読みました。

ものっすごく面白かったです。

この作品は「京極堂シリーズ」って呼ばれるシリーズミステリの第二弾なのですが(第一弾は『姑獲鳥の夏』)、これは単体で読んでも面白い本だと思います。


小説ではありますが、「宗教の在り方」や「犯罪者の心性」等について、「京極堂の意見」としていろいろな考察が書かれているのも興味深いです。

あと、登場人物がみんな魅力的でした。
その中でも作家の「関口」が特に好きです。
鬱々としたところに共感を覚えます。

あと、タイトルにもなっている「匣」のイメージがすごく綺麗です。
私はたぶん、「匣」があったら中を覗いて帰ってこれなくなるタイプの人間だと思います。


あー、なんか他にもいろいろ書きたいことがあるんですけど、なんだかうまく考えがまとまりません。
体調不良のせいかな?

とにかく、この本は万人に読んでもらいたいと思うくらいの良い本だと私は感じました。
(ちなみにこの本は、「長門有希の100冊」にも選ばれていました)
アニメ化漫画化もしているようなので、近いうちにチェックしてみます。
あと、続編も必ず読みます。


そういえば昔、『魍魎の匣』のこともよく知らずに、「青年と匣との幸せな生活」について描いた二次創作漫画を読んだことがあったのを思い出しました。
どこのサイトで見たのかは覚えていないけど、「匣」がものすごく可愛かったことだけは覚えています。
ちょっと探してみているのですが、話題になった作品であるだけに情報が多すぎて見つかりません。
何かそれっぽいものを知っている人がいたら教えてほしいです。


追記
わーい、頑張って探し続けてたら二次創作漫画が見つかりました!
すたひろBOX
↑のサイトさんにありました。
思いっきり小説のネタバレが含まれているので、気をつけてください。
あー、この人、『おたくの娘さん』の作者さんかあ。
どうりで面白かったわけです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。