鈍色望遠鏡

文芸サークル「鈍色望遠鏡」のブログです。ただいま改装中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

加速する世界

アクセル・ワールド〈1〉黒雪姫の帰還 (電撃文庫)アクセル・ワールド〈1〉黒雪姫の帰還 (電撃文庫)
(2009/02)
川原 礫

商品詳細を見る

小説:河原礫『アクセル・ワールド〈1〉黒雪姫の帰還』を読みました。

この小説は今年度の『電撃小説大賞』の大賞(第一位)作品なわけですが、大賞の名に恥じない素晴らしい出来の作品でした。

ライトノベルを読んで、そこに描かれる世界にここまで心を魅かれたのは、数年前に『電撃小説大賞』の銀賞(第三位)を受賞した(そしてその後『このライトノベルがすごい!』で第一位を獲得し、アニメ化し、アニメの続編までもが作られている)『狼と香辛料』を読んだ時以来です。
たぶんこの作品も、落とし穴にはまりさえしなければ『電撃文庫』の看板を背負って立つ作品になり得ると思います。

いやあ、凄かったです。

この作品はジャンル分けをするとすれば、「近未来SFバトルもの」だと思うのですが、その近未来で実用化されている「ネットワークシステム」の設定の巧みさには驚きました。
なんというか、「世界観」と「物語」が「ネットワークシステム」の存在を介して、完璧に適合している感じがするんです。

読みながら、「ものすごく丁寧に練り上げられたプロットを元に書いたんだろうな」っていう印象を受けました。(もっとも、この印象は、『電撃小説大賞』の大賞受賞作には共通しているものなのですが、やはりその中でもこの作品のプロットの完成度はすごいと思います)

三人称単視点で主人公の心情を表現する「文体」と「物語」との相性も抜群で、特にバトルシーンでは、「ハルユキ」の緊張感がこちらにも伝わってくるような臨場感が味わえて、ワクワクしました。

「デブでいじめられっ子」が主人公なあたりで、読むことを躊躇してしまう人が多そうですが、いじめ描写は苦にならない程度のものだと思いますし、「マイナスな状態」から主人公が成長していく物語なので、主人公の情けなさはそんなには鼻につかないと思います。(多少はイライラしたけど)
あと、「01」と表記されているように、続きものなので完結はしていませんが、一巻の時点では「ハッピーエンド」と言えるであろう終わり方をしているので、読後感も悪くないと思います。

いろんな意味で、続編の発売が楽しみな一冊です。

……ていうかむしろ、この世界観でいろんな話を書いてみたい!
なんだこの面白さは!
いいなあ、こんな世界と物語を書ける人は!
『川上 稔』氏の解説に、『いろいろと読み手の想像力を刺激するツール的な魅力を持った小説だと思います』という文章があったのですが、もっともな意見だと思いました。
あー、こんなオンラインゲームがしてみたいです。

あと、この小説のおかげで、『川上 稔』氏の小説も読みたくなりました。
(前に読んだ『終わりのクロニクル』が、少しばかり苦手な文体で書かれていたので、私は川上氏の作品はほとんど読んだことがありません。有名な作家さんなのに)


……ただ、まあ、褒めてばかりというのもどうかと思うので、個人的に「悪い意味で気になったところ」や「今後の展開の落とし穴になりそうなところ」について、簡単な分析をしながら見ていきたいと思います。

というわけで、以下、ネタバレ注意です。


では、まずは「悪い意味で気になったところ」について。

?主人公が一般受けしなそうなキャラである
?世界観について、やや説明不足である
?情景描写がやや淡白である
?戦闘のルール及びステータスが不明瞭である
?プロットに無駄がなさすぎるせいで、「敵」が誰なのかがすぐに予測できる
?主人公の能力の進化が早すぎる

?については、「デブでいじめられっ子」な人物が主人公であるというだけで読む気を無くす人が多そうだから。ただし、この物語の主人公は、ここに書かれるままの「ハルユキ」以外にはありえなかっただろうとも思えるから難しいところ。二巻以降での「ハルユキ」の成長に期待したい。
?については、「SF」特有の、「よくわからない専門用語の意味を聞く楽しみ」が、この小説には足りないと感じたから。ただし、一巻のうちから説明を増やしすぎると読者がついて来られなくなる可能性も高くなるので、小説全体のバランスとしては、今くらいの説明量でちょうどいいかもしれない。二巻以降から説明が増えることを期待したい。
?については、バトルの緊張感、恋愛のドキドキ感などの楽しい要素が、淡白な描写のせいでやや薄く感じられたから。ただし、小説の分量を考えると、あまり描写を増やしすぎてページ数を多くすると、描写が冗長になりかねないし、購読者が減りかねないので、今くらいの描写量でちょうどいいかもしれない。二巻以降からは何時間でも読んでいたくなるような丁寧な描写が出てくれると嬉しい。
?については、バトルシーンを読んでいて、いまいち楽しみきれない部分があったから。もっとアバターの特性の戦闘における活用法を明確化させたり、ステータスをある程度数値化してて提示した方が読者は楽しめるだろう。一巻では描写が冗長になることを防ぐためか、それとも設定が練りきれていないのか、「設定はあるけど書かれていない」部分の存在を感じて、少し物足りなかった。
?については、「敵」の正体探しもこの小説の醍醐味であるはずなのに、私には、「敵」の存在が提示されるとほぼ同時に、「敵」が誰であるかわかってしまったせい。ただし、私が「敵」の正体を見破れたのは、小説を読む際に「物語の構成(プロット)」を意識する癖がついているせいであると思うし、他の人が読んだときには「敵」が誰なのかは文中で明かされるまでわからない場合が多いかもしれないので、これは弱点とは言えない。プロットが綺麗なのは良いことだし。
?については、急激すぎる能力の進化が、今後の物語の展開を「早回し」的なものにしてしまう可能性があるから。順序を飛ばして強くなったキャラクターは、ゲームの「ルールブレイカー」にもなり得る。第一巻では「ハルユキ」は、知略を駆使してバトルに勝利していたわけだが、今後はそうしたバトルシーンは見られなくなってしまうかもしれないし、物語の進行速度がものすごく速くなってしまう可能性もある。個人的には、「ハルユキ」には『灼眼のシャナ』の悠二と同じくらいのスピードで成長して欲しかった。ただし、プロット的にはあのタイミングで主人公がパワーアップするというのは定石の展開(ややハリウッド映画的だが)だし、『小説大賞』への応募作には展開の早さが求められる部分もあるようなので、妥当であったとも考えられる。二巻以降でも、知略を使ったバトルシーンが見られることを期待したい。

では、次に「今後の展開の落とし穴」について。

1、「悪い意味で気になったところ」の???が改善されない
2、パラメータを不正にいじったキャラが出る(ゲームバランスの崩壊)
3、いきなり超高レベルの「敵」が出る
4、黒雪姫が裏切る

これら4つが、「今後の展開の落とし穴」と言えるだろう。
「落とし穴」というのがどういうことかといえば、まあ、「物語が破錠しかねない要素」だと思ってもらえればいいと思う。
1については、今の状況が続くと、物語がマンネリ化する可能性がある。
2については、ルールが崩れると、物語が描き続けられなくなるから。
3については、あまりに強い「敵」を出すと、物語の方向性が狭められてしまうから(特に、一度高レベルな相手と戦って勝利すると、低レベルランカーとの戦闘が書きにくくなるのが痛い)。
4については、ヒロインが裏切ってしまうと、物語の前提となる「信頼関係」が崩れてしまうから。

1は「すぐに改善すべき」要素。2・3は「しばらくは書かない方が良い」要素。4は「よっぽどの理由がない限り書いてはいけない」要素。
これらのうち一つでも破ってしまうと、たぶんこの小説の人気はガタ落ちする。
(まあ、まずあり得ないとは思うが)

この中で特に注意が必要なのは、「4、黒雪姫が裏切る」という要素。もしもこれをやってしまうと、ファンの暴動も恐ろしい。物語の終盤に、「一時的に」裏切るくらいならば何とかなるだろうが……

個人的には、『灼眼のシャナ』並に巻数を重ねて、じっくりと描いていってほしい作品だと感じた。
早く続きが読みたい。でも、「落とし穴」にはまってるんじゃないかと思うと、読むのが怖い。


えーと、とりあえず今日書けるのはこのくらいです。
今度改めて、「小説の分析」の一環として、物語やキャラクターについて詳しく分析してみたいと思います。


あと、メモです。
この作品、アイデアは、『グーグルストリートビュー』の機能+漫画:『エアギア』の世界観って感じかな?っていう印象を受けました。
いや、もちろん、作品自体は独自のものに仕上がってるとは思いますけど。

あと、ちょっと調べてみたら、『電脳コイル』とか『甲殻機動隊』とかの影響もあるんじゃないかっていう指摘も見かけました。
私はこの二作品は観た事がないので、よくはわからないのですけど、「なるほど、確かにそうかも」って思いました。



最後に、作家さんのHPや、『電撃オンライン』に載っていたインタビューにもリンクを張っておきます。


WORD GEAR(作者の『川原 礫』氏のHP、『九里史生』はネット上でのペンネーム)

第15回電撃小説大賞・大賞を受賞した川原礫先生のインタビューをお届け!


インタビュー記事のログをあさってみると、他の受賞者のインタビューも読めて面白いです。
あと、インタビューで、担当編集さんが私と同じような意見を述べている部分があって少し嬉しかったです。

あと、川原氏はもともとオンライン上で小説を公開されていた方(『アクセル・ワールド』は公開されていた作品を改稿したもの)だと知って、「オンライン上で小説を連載」という方法に興味を持ちました。
感想を貰いながらの方が、執筆もはかどるのでしょうかね?
ちょっとやってみたいかもしれません。

Arcadiaっていうサイトでは、自分で書いた小説を規約の範囲内で自由に投稿できるらしいです。
面白そうなので、とりあえずいくつか作品を読んだりしてみます。


それから、近いうちに今年度の『電撃小説大賞』受賞作を全作読んでみようと思います。
大賞が面白かったから、他の作品にも期待したいです。
あ、「小説の分析」もぼちぼち書き進めていきたいと思います。
読んでくれている方、お待たせしてすみません。


追記
「バーストリンク」のイメージは、「仮面ライダーカブト」の「クロックアップ」とか、「ジョジョの奇妙な冒険」第五部のジョルノの「ゴールドエクスペリエンスの能力(感覚の暴走)」とかから来ているのかな、とも思いました。
こういう能力を考えられる人っていいなあ。すごく面白い。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。